元気がない男性必見!口コミで人気の精力増強剤・増大サプリを比較して紹介!

精力剤に入っている成分は?

男性が精力を付けたいときに、手早くサポートになるのが精力剤であり、そこに含まれている成分が内側から味方になってくれます。

よく知られるのはマカであり、適度な摂取は精力向上のために良いのは本当のことです。
 

疲労回復効果も高いタウリン

精力剤に入っている成分として多いのはタウリンであり、ドラッグストアなどで販売をしている栄養ドリンクなどにも使われています。

アミノ酸の中の一つであり、タウリンは2-アミノエタンスルホン酸という名前もあります。

ではサプリメントに配合をされているかというと、そういうわけではありません。

分類的にタウリンは医薬品に入りますので、サプリメントには使われません。

肝機能を向上させるためにも良いといわれるのは、タウリンが胆汁酸を体外へと排出をさせる働きがあるためであり、健康のためにも良い成分と言えます。

タウリンを含んでいるだけでは、男性の悩むEDを劇的に改善させるわけではありません。

ですが肉体的な疲労感をリセットするのに役立ちますし、滋養強壮のために大活躍をしてくれるのがタウリンです。

うっ血性心不全のための治療薬としてもちいられており、心不全のためになる成分でもあります。
 

性欲の増進作用もある亜鉛

精力剤に入っている成分として亜鉛もあります。

体内にもしも亜鉛が足りなくなってしまうと、粘膜や皮膚の問題を起こすことになります。

そればかりか貧血になってしまう、味覚がおかしくなってしまう、健康を左右する免疫機能がしていまう、といった状態を引き起こすので要注意です。

そして男性にとって深刻な問題となる、男性機能不全も起こしてしまうので油断はできません。

精神障害や男性機能不全にならないためにも、普段から男性にとって亜鉛の摂取はとても重要です。

1日あたりの日本人男子の摂取量目安ですが、亜鉛は1日に10mgは摂取する必要があるとされています。

しかし平均的な摂取量は、推奨量を下回る8.8mgでしかありません。

このように日本人男子には亜鉛が足りていませんが、食事でも意識して食べることで推奨量を摂取できます。

牡蠣や赤身の豚肉や牛肉、鶏肉などから摂るとよいでしょう。

ただ毎日意識して摂るのも大変なので、そうした時役立つのが精力剤なのです。
 

勃起不全改善効果が期待できるマカ

精力を高めるために注目されているマカは、精力剤に入っている成分として有名なものの一つでしょう。

多年草であり分類はアブラナ科となり、南米ペルーが原産国です。

アンデスの標高の大変高いエリアでの栽培であり、昔から茎の部分や根の部分は食用として用いられてきました。

もともと栄養価が大変高い植物であり、オレイン酸やリノレン酸にパルミチン酸、それにミネラルやアミノ酸も豊富です。

疲労感を感じているときなどは、マカがとても効果的です。

有効成分はグルコシノレートなどであり、男性にうれしいEDの改善効果もありますし、疲労感を回復させて、性欲も増進をすることになりますので、男性にとって良いことばかりです。

科学的な根拠が発表をされているわけではないものの、精子の運動能力を改善させるためにもなると言われています。

短期的な摂取ですぐに男性機能や性欲の改善になるわけではないにしても、継続をして摂取をすることで良い方向へと導かれやすいと言えるでしょう。

 

様々な種類の精力剤がありますが、入っている成分はいずれも男性の精力を高めるために働きかけてくれるものばかりです。

直接的に男性機能に働きかけるものだけではなく、疲労を回復させる栄養素も含むものもあり、体力を高めた上で男性機能を高めていくことができます。

一つの栄養素だけではなく、いくつかの栄養が組み合わさって良い効果を導いてくれます。

男性機能不全を回復させるためには、亜鉛やマカといった有効な成分がどれだけ含まれているかもきちんとチェックしていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧